委員会報告

マローニ―RI会長と令夫人が名古屋熱田ローターアクトクラブの例会に参加

開催日:2019-08-10

ローターアクト委員会

  • マローニ―RI会長と令夫人が名古屋熱田ローターアクトクラブの例会に参加

    マローニ夫妻 間には名古屋熱田ローターアクトクラブ亀井会長 左緣 原田地区代表

8月8日~10日にかけて、2760地区(愛知)のロータリークラブに国際ロータリーの会長マーク ダニエル・マローニ―氏と令夫人 ゲイ・マローニ―氏が来名した折、8月10日(土曜日)に青少年プロブラムの一つである「名古屋熱田ローターアクトクラブの例会」に参加されました。ローターアクトクラブは18歳から30歳までの青年男女が奉仕活動をしながら、専門知識を学び親睦を深め、リーダーシップが取れる若者を育てるプログラムです。
今回の例会は、守山区にある障害支援施設「一粒荘」にて奉仕活動を行いました。午前中は折り紙で花を作り、花束にして施設に飾ってもらいました。マローニ夫妻・ロータリアン・ローターアクターが入所者の方と一緒になって、笑顔の絶えないひと時を過していました。マローニー会長は「ローターアクトは、今年から国際ロータリーの構成員となり、プログラムに参加するという立場に変わり、自分たちで考えて行動し、ロータリーの一員として活動をしてほしいと述べられました。」午後からは、施設の周りの清掃活動を行い、汗をかきながらの草引きとなりました。